十日恵比須
とおかえびす
東公園十日恵比須神社1月8-11日
福ザサとかち参りと

博多の十日恵比須は1月8日を初恵比須、9日を宵恵比須、10日を本恵比須、11日を残り恵比須と呼び、ふだんは人影がない十日恵比須神社(博多区東公園内)も、この日ばかりは商売繁盛を願う参詣客でごった返す。

東公園西側の入り口から参道両側に露天がずらりと並び、名物は縁起物の福ザサ。大小とりどりが寒風に揺れる。境内ではタコ上げ、献茶式など催しが続くが、なんといっても呼び物は福引。当たりくじを読み上げる大声が威勢よく響き、独特の雰囲気を盛り上げる。

「大当たりー、福起こしい」
「大当たりー、万福う」

福起こしは恵比寿だるま、万福は大きな渋うちわ。ほかに福俵、千両箱など、縁起よくそろえてある。それらの世話に当たるのは町の旦那衆たち。少しばかり緊張した表情で白衣、しろばかまをつけて、そんなところも、いかにも町衆の祭りらしい。
宵恵比須の午後、博多芸者が島田髪にお座敷の左づまをとって行列のあと参拝する「かち参り」がある。ひところ百数十人が勢ぞろいしたのに比べ、近年は数十人に減ったが、それでも塗りゲタがカラコロと響き、髪にちらちら初穂が揺れて、十日恵比須の情緒をふりまく。

恵比須さんは耳が遠い
博多には「十日恵比須に参ったら社殿をトントンたたけ」ということわざがある。恵比須さんは耳が遠いので、そうしないと願いが届かないとうのだが、京都では羽目板を木づちでたたき「だれそれ、参りました」と名乗る習慣があるとも聞いている。

この日、かしわを食べない
もうひとつおもしろいのに、家によっては、この日、かしわを食べない。なぜかというと、恵比寿さま、神なのになかなか艶福家で、こっそりよそで夜を過ごし、一番鶏が鳴くと、それをしおに人々に知られないように家に帰られていた。
ところが、ある日、お楽しみの途中、鶏が時刻を間違えてけたたましく鳴いたので、すっかり鶏嫌いになってしまわれた。かしわを食べないのは、それによるというのだが、なんとも愉快な由来話だ。各地の恵比須にも、こんな風習があるのだろうか。

江頭 光




行事 時間等は筥崎宮にご確認ください。
行事 行事 時間
1月8日
初恵比須    
9日

宵恵比須

   
10日
本恵比須    
11日

残り恵比寿

   

 

正月 博多雑煮
玉せせり(正月3日筥崎宮)
十日恵比須
博多どんたく港まつり (5月3日4日福博各所)博多どんたくってどんなお祭り?
博多祇園山笠 (7月1日―15日早朝)大黒流れ寿通りのサイトです。
飾り山笠 飾り山笠の歴史。
放生会 (9月12日―18日筥崎宮)「なしも柿もほうじょうや」っていいます。
せいもん払い (11月下旬福博商店街)せいもん払いってなーに?博多商人がお客様に感謝のお祭り
厄八幡(12月31日若八幡宮)大晦日には必ずお参りします。

博多時間 博多商人同士のおつきあいの配慮。
●はこざきさん

●おくしださん
当番、世話当番

ご意見や、ご質問、とりあげてほしい話題などがありましたらメールでどうぞ。

文責・柴田嘉和
鰍オばた洋傘店 福岡・天神・新天町
phone : 092 (741) 1771
Fax : 092 (712) 6604